ガス吸収式冷凍機から空冷ヒートポンプチラーに変更した空調システム

面倒な保守が必要なガス吸収式冷凍機を、利便性に富む空冷ヒートポンプチラーにて更新。印刷工場におけるVOC対策(工場内の換気、薬剤回収など)をシステムにビルトイン。
屋外空気は空調システムに取り入れ、温度制御してから冷暖房に利用、機能と性能を両立しました。

システムの導入効果

ランニングコストの軽減
ガス吸収式冷凍機の煩雑なメンテナンス費用をカット、ランニングコストの軽減に貢献。
耐用年数の向上
空冷ヒートポンプチラーを採用したことで、ガス吸収式冷凍機に比べ耐用年数の向上が見込まれます。
印刷工程の品質向上
外気を取り込んで室内の雰囲気を改善。さらに温度にプラス湿度コントロールも実施。印刷品質アップに貢献。
※画像をクリックすると、大きい画像で見られます。
空冷ヒートポンプチラーに変更した空調システム写真 空冷ヒートポンプチラーに変更した空調システム写真 空冷ヒートポンプチラーに変更した空調システム写真